エックスサーバーの最新サーバー(sv2001~)に移行してからの変化

エックスサーバーの最新サーバー
スポンサーリンク

 

少し前になりますが当サイトで使用しているエックスサーバー(XSERVER)から新サーバーへの移行の案内が届きました。

 

新エックスサーバー(XSERVER)サーバーの主な性能向上内容

 

まず新しいサーバーの詳細について公式サイトより抜粋

  • 最新CPUへの変更によるCPU性能の大幅な向上
  • 最新I/Oデバイスへの変更によるI/O性能の大幅な向上
  • 最大12倍(16GB→192GB)となる搭載メモリの大幅増強
  • カーネルやファイルシステムなどの基盤システムの高速化

サービスの仕様については公式サイトのページに記載されています。

(参考)sv2001以降のサーバーのサービス仕様について

 

新しいサーバではスペックが大きく改善されています。

 

新サーバーへの移行手順

 

新しいサーバーへの移行はとても簡単で公式サイトの案内に従って行いました。

(参考)新サーバー簡単移行 ご利用手順

スポンサーリンク

 

手続き自体は数分で終えました。新サーバーへデータを移行するのに時間がかかります。完了すると案内メールが届きます。

エックスサーバーから新サーバー移行完了の案内メール

 

5月29日に移行が完了しました。

 

旧サーバーから新サーバーに移行してからの変化

 

せっかくなので旧サーバーと新サーバーでの変化をSearch Console(サーチコンソール)のクローリングデータから比較します。

ページのダウンロード時間(ミリ秒)の比較

ページのダウンロード時間(ミリ秒)の比較(1) ページのダウンロード時間(ミリ秒)の比較(2)

 

ご覧のようにサーバーの移行が完了した5月29日を境に当サイトページのダウンロード時間(読み込み時間)が全体的に短縮されていることがわかります。サーバーのスペックが良くなっているのが推測できます。

検索アナリティクスの比較

検索アナリティクスの順位変動と比較

 

サーバー移行の前後1か月で検索順位に変動があるか比較してみました。(実線:新サーバー / 点線:旧サーバー)こちらは変化がありませんでした。残念…。

HTTP/1.1からHTTP/2更新されてからの変化

 

(追記)エックスサーバーより新サーバーnginxの導入とWebサイトの表示速度が大幅に向上するHTTP/2に対応したとの通知が届きました。

2017年9月20日のメンテナンスでHTTP/1.1からHTTP/2に更新されたのでクローラのページダウンロード時間に変化があったのかを記録しておきます。

HTTP/1.1からHTTP/2に更新してからのクローリングの変化

気持ち程度早くなったかなという感じですね。掲載順位の方は・・・

HTTP/1.1からHTTP/2に更新してからのクローリングの変化(2)

少し順位が上がっていますが誤差範囲とい感じでしょうか・・・。

ですがWordPressの運用はコスパを考えるとエックスサーバーで間違いないのはいえそうです。

(公式サイト)http://www.xserver.ne.jp/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「通貨の強弱分析によるFX取引」と「米国ETFによるグローバルインデックス投資」という2つのアセットクラスを適宜リバランスすることで、「通貨価値の変動(インフレヘッジ)に対応した世界分散投資ができる最強のポートフォリオ」を構築するべく日々運用と検証に取り組んでいます。通貨強弱によるFX取引をなかなか身につけることができず苦戦中です。FX専業経験1年あり。