デューカスコピージャパンの手数料はディスカウント方式

デューカスコピージャパン手数料
スポンサーリンク

 

約1週間ぶりの取引です。あまりやる気が起きません。

というのも・・・

 

2016年6月7日の取引履歴

 

今日の取引の一部詳細です。(使用ブローカー:デューカスコピー・ジャパン)

FX取引履歴 2016年6月7日

 

今日のデイトレ・スキャルピング収支

2016年6月7日のFX収支 2016年6月7日FXデイトレ収支

本日のFX収支は+1,036円でした。

 

今日の為替相場の印象

 

【強い通貨】ポンド・加ドル

【弱い通貨】円

今日はポンド円と加ドル円の押し目買いを狙いました。

 

今日のデイトレードの感想

 

今日も1000通貨でデイトレ。今の自分には分相応ですが額が小さすぎて面白みがなく1時間半で終了しました。

やはりFXCMに比べるとコストがかかるというのもあり。

 

今日はデューカスコピージャパンの取引手数料について

・デューカスコピージャパンの手数料は取引金額100万円当たり片道最大35円

・取引金額、預かり金総額、純資産に基づくディスカウント方式

デューカスコピージャパン手数料表

 

もちろん私は片道35円往復70円になります。

 

デューカスコピー手数料

利益の3分の1以上がが手数料に。まぁ確定申告で申告できるのでいいのですが。

ただこれは日本のFX業者に多い相対取引ではなく、業者の介入なくNDD方式で自分の注文が直接カバー先の銀行(SWFX)に届くという極めて透明性の高い優れた環境で取引させてもらっているので納得はしています。

運用額が500万を超えると手数料が約半分になるので早くこの域で取引したいですね。

株もそうですが資金が多いとそれが優位に働きますね。

自分の様な弱小が這い上がるのは困難ですが、気長にコツコツやっていきます。

仕事休みが土日だったり、介護の仕事はハードなので疲れで取引する気力がなかったり・・・

なかなかトレードできず、兼業の辛い部分でもありますね・・・。

それではまた。

 

『通貨の強弱分析』をはじめるならオアンダで
MT4で通貨の強弱のインジケーターを使用できます。→OANDA Japan
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「通貨の強弱分析によるFX取引」と「米国ETFによるグローバルインデックス投資」という2つのアセットクラスを適宜リバランスすることで、「通貨価値の変動(インフレヘッジ)に対応した世界分散投資ができる最強のポートフォリオ」を構築するべく日々運用と検証に取り組んでいます。通貨強弱によるFX取引をなかなか身につけることができず苦戦中です。FX専業経験1年あり。FXを1から勉強しなおしています。