相場の変化についていくにはどうするべきか

相場の動きを分析する
スポンサーリンク

 

12月に入ってからのトレードです。

現在のスイングトレードと口座状況

 

2017年12月19日の保有ポジションと口座残高です。(一部表示)

2017年12月19日のFX取引

現在の相場観など

相場の動きを分析する
【出典】 LIONFX(ヒロセ通商):ポンドクロス日足GMMAチャート (通貨ペアの強弱比較)

・実践しているトレード手法・考え方は『 FXトレード手法としてオススメ。通貨の強弱を簡単に見極める方法 』をご覧ください。

スポンサーリンク

さて今年も残すところあと10日と少しになりましたね。あなた様はいかがお過ごしでしょうか?トレードの方はいかがですか?わたくしの方は相変わらずのさっぱりトレードをしております。先の記事で申し上げた通り、これまでの手法は一旦リセットし少額でやりたい検証で相場に挑んではいるものの変わらず厳しい状況です。最近はポンドとNZドル主導で動いているように見えています。米ドルは利上げの影響か軟調で南アフリカランドは与党ANCネタで強いですね。

 

 

相場のすべての動きを狙いすぎている

 

相場から常に利益を上げようとしているのがいけないのか、相場に大きな動きがあるときだけ狙っていくほうが良いかもしれませんね。

強弱も年足・月足・週足・日足とすべての時間軸の強弱関係が一致した大きい相場の動きの時だけ(強弱のマルチタイム分析)大きく張っていくとかタイミングを選ぶべきで今年であれば夏のユーロの上昇が狙い目であったでしょうか。

 

コインチェックとSBIVCの口座開設中

 

FXは10倍のレバ規制も検討されていますし難易度が高いので自分の中では魅力が無くなりつつあります。FXの資金を引きあげて残金で暗号通貨取引の勉強をはじめようか検討中しています。

ダウ25,000いきますかね。日経は23,000が大きな壁になっていますね。今年残りわずかですがどのような展開になってくるでしょうか?

『通貨の強弱分析』をはじめるならオアンダで
MT4で通貨の強弱のインジケーターを使用できます。→OANDA Japan
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「通貨の強弱分析によるFX取引」と「米国ETFによるグローバルインデックス投資」という2つのアセットクラスを適宜リバランスすることで、「通貨価値の変動(インフレヘッジ)に対応した世界分散投資ができる最強のポートフォリオ」を構築するべく日々運用と検証に取り組んでいます。通貨強弱によるFX取引をなかなか身につけることができず苦戦中です。FX専業経験1年あり。FXを1から勉強しなおしています。