トレード中の腰の痛みに悩んでいます

トレード中は腰が痛い
スポンサーリンク

 

トレードの調子はいかがでしょうか?クロロです。

6月11日の保有ポジションです。

 

現在のスイングトレードと口座状況

 

2018年6月11日の保有ポジションです。

2018年6月11日のスイング

※画像は特定の売買を推奨するものではありません。セキュリティー上の理由により一部を切り抜いています。

現在の相場観など

 

・実践しているトレード手法・考え方は『 FXトレード手法としてオススメ。通貨の強弱を簡単に見極める方法 』をご覧ください。

スポンサーリンク

 

最近はJPYが弱いとみてクロス円の買いからメインで取引しています。

5月23日からのクロス円、主にユーロ円・ポンド円の下掘ってからのリバウンドの動きで往復で大きな損失になり追加入金分を含め元本を割り込んでしまいました。

資金に対し10%に近いマイナスです。

 

いよいよ米朝首脳会談ですね

 

明日6月12日は午前10時からの予定で世界中から注目されている歴史的な米朝首脳会談です。

為替相場はどのように反応するか想像できませんが、リスク管理が求められますね。

こちらの特設サイトで米朝首脳会談の情報がわかります。

 参考  【NHK】時系列でわかる 米朝首脳会談

 参考  【日本経済新聞】米朝首脳会談ライブ

注目したいと思います。

 

腰が痛い

 

トレードに加えてパソコンの前にいる時間が長く、最近は腰の痛み(仙腸関節付近の痛み)が辛いです。

スタンディングデスクが欲しい今日この頃です。

これならブログも集中して書くことができるような気がします。

FXは難しいですが、ともに1歩ずつ階段を上がっていきましょう!それでは。

 

関連記事です。自身のトレード部屋です。リクライニング付きのパソコンチェアが欲しいです。

トレード部屋・トレードルーム紹介

2017.07.06
『通貨の強弱分析』をはじめるならオアンダで
MT4で通貨の強弱のインジケーターを使用できます。→OANDA Japan
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「通貨の強弱分析によるFX取引」と「米国ETFによるグローバルインデックス投資」という2つのアセットクラスを適宜リバランスすることで、「通貨価値の変動(インフレヘッジ)に対応した世界分散投資ができる最強のポートフォリオ」を構築するべく日々運用と検証に取り組んでいます。通貨強弱によるFX取引をなかなか身につけることができず苦戦中です。FX専業経験1年あり。FXを1から勉強しなおしています。