ユーロはしばらく神経質な値動きになるでしょうか

ユーロ 急落
スポンサーリンク

 

トレードの調子はいかがでしょうか?クロロです。

5月30日の保有ポジションです。

 

現在のスイングトレードと口座状況

 

2018年5月30日の保有ポジションです。

2018年5月30日の保有ポジション

※画像は特定の売買を推奨するものではありません。セキュリティー上の理由により一部を切り抜いています。

現在の相場観など

 

・実践しているトレード手法・考え方は『 FXトレード手法としてオススメ。通貨の強弱を簡単に見極める方法 』をご覧ください。

スポンサーリンク

 

最近はGBPが弱いとみてGBPクロスメインで取引しています。

 

イタリアの政局不安

イタリアとEU

 

29日はイタリアの親EU派とEU懐疑派との対立という政局混乱の懸念から欧州株、イタリア国債やユーロが大きく売られる展開となりました。

リスク回避の動きとなり円買いとなりました。

今後は再選挙の話がどのような展開になってくるかというところでしょうか?

ユーロはしばらく神経質な値動きとなりそうです。

 

2018 5/29営業日終了時点の主要通貨の各期間での対円騰落率
強弱【売買方針】 通貨名 年間変動率(1/2~)
【年間強弱】
通貨名 月間変動率(5/1~)
【月間強弱】
通貨名 週間変動率(5/28~)
【週間強弱】
非常に強い(買い) JPY 0.00% JPY 0.00% JPY 0.00%
強い USD -3.47% USD -0.51% USD -0.64%
やや強い CHF -5.17% CHF -0.58% CHF -0.69%
中立 GBP -5.20% AUD -0.82% NZD -0.81%
中立 NZD -5.97% CAD -1.89% CAD -1.00%
やや弱い CAD -6.83% NZD -2.33% GBP -1.04%
弱い AUD -7.15% GBP -4.17% AUD -1.18%
非常に弱い(売り) EUR -7.19% EUR -4.97% EUR -1.68%
最大 7.19% 最大 4.97% 最大 1.68%

 

各期間の通貨の強弱をみると年間・月間・週間すべての期間でEURが最弱に転じ、今後のユーロの動向が注目されます。

 

レバ10倍規制見送りか

 

金融庁からの正式なコメントはまだありませんが、レバレッジ10倍規制が見送りになるという情報が話題になっておりました。

トレーダーの反対の声が届いたのかもしれませんね。

金融庁の有識者会議の報告が待たれます。

 

FXは難しいですが、ともに1歩ずつ階段を上がっていきましょう!それでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「通貨の強弱分析によるFX取引」と「米国ETFによるグローバルインデックス投資」という2つのアセットクラスを適宜リバランスすることで、「通貨価値の変動(インフレヘッジ)に対応した世界分散投資ができる最強のポートフォリオ」を構築するべく日々運用と検証に取り組んでいます。通貨強弱によるFX取引をなかなか身につけることができず苦戦中です。FX専業経験1年あり。