累計の分配金がようやく100米ドルを超えました

子供に資産を残す
スポンサーリンク

 

2018年2月の分配金収入です。

 

2月の分配金詳細

 

2018年2月の不労所得

2月の分配金の合計は8.28$でした。

過去の分配金収入については『 生活を楽にするために生活費の足しに分配金による副収入を考えたい 』という記事にまとめています。

スポンサーリンク

累計の分配金がようやく100$に

不労所得の推移

 

2017年8月末よりはじめた米国ETFの永久保有による完全インカム狙いの資産運用ですが半年がすぎ、ようやく累計の分配金が

獲得分配金額(USD) 累計分配金
2017年9月 11.49 11.49
2017年10月 11.67 23.16
2017年11月 5.81 28.97
2017年12月 67.49 96.46
2018年1月 3.25 99.71
2018年2月 8.28 107.99

 

 

100$

を超えました。

 

୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

 

もう一度

 

100$

 

超えました~~~。

 

 

地味ですがこれからもコツコツ積み立てていきます

 

生活防衛費である1年分の生活費は確保しているので、残りのお金は銀行に置いておいてもほとんど利息は付きませんので積極的にETFの積み立てをしています。

 

ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる最も賢いETF海外投資法

最近目にとまった書籍のひとつです。購読はしていないのですが、なんと言っても

タイトルが素敵ですね。

 

アセットアロケーションとポートフォリオは人それぞれで正解はないのでしょうが、自分はこちらのタイトルの様なポートフォリオの構築が理想です。

未来永劫、たとえリセッションなどで暴落しても納得できる。自身が生涯信じられるポートフォリオがいいですね。

まだポートフォリオの構築は試行錯誤の段階ですが、これからじっくりと資本主義経済の恩恵を授かれるようにお金の種をまいていきます。

 

SBI証券では『 異名義移管 』で保有証券を移管できますので、自身のポートフォリオを子供・孫に引き継ぎ、末代までお金のなる木を残してあげるのも不動産やキャッシュなどの現物資産より、流動性という点で証券やETFなどのペーパーアセットの方が人口減少に転じつつある日本においては良いのかもしれませんね。

 

【関連記事です】米国ETFによる全世界分散投資・パッシブ・ドルコスト平均・超長期運用で末代まで引き継げる資産形成を目指しています。

SBI証券のNISA口座で米国ETFの資産運用

2017.07.20
『通貨の強弱分析』をはじめるならオアンダで
MT4で通貨の強弱のインジケーターを使用できます。→OANDA Japan
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「通貨の強弱分析によるFX取引」と「米国ETFによるグローバルインデックス投資」という2つのアセットクラスを適宜リバランスすることで、「通貨価値の変動(インフレヘッジ)に対応した世界分散投資ができる最強のポートフォリオ」を構築するべく日々運用と検証に取り組んでいます。通貨強弱によるFX取引をなかなか身につけることができず苦戦中です。FX専業経験1年あり。FXを1から勉強しなおしています。