おすすめの通貨ペア、大陽線・大陰線の組み合わせを狙ってみます

通貨ペアおすすめ、大陽線大陰線が狙い目
スポンサーリンク

 

9月22日現在のスイングポジションです。

 

現在のスイングトレードと口座状況

 

2017年9月22日の保有ポジションと口座残高です。(すべて表示できないので一部表示)

FX取引内容詳細

現在の相場観など

通貨ペアおすすめ、大陽線大陰線が狙い目
【出典】 LIONFX(ヒロセ通商):GBPクロス日時間足GMMAチャート (通貨ペアの強弱比較)

・実践しているトレード手法・考え方は『 FXトレード手法としてオススメ。通貨の強弱を簡単に見極める方法 』をご覧ください。

 

ポンドが前回から変わらず強めの推移という印象でポンド買いで対円で買っています。どこまでいくのでしょうか?上のチャートのようにポンドが綺麗に上昇中です。9月はじめ弱かった米ドルが一転堅調に推移、そして強かったカナダドルが弱くなり、取引の方は18日のBOC副総裁のカナダドル高けん制発言で一気にマイナスになってしまいました。ここ数日強くなっていたAUD・NZDのオセアニア通貨も昨日で一旦勢いが止まったような印象を受けています。刻々と変化する相場に対応していかないと駄目ですね。今のやり方も厳しそうです、試行錯誤が続きます。含み益と含み損のポジションが相殺しマイナスです。う~ん・・・

● 通貨ペアの強弱の比較は『 LION FX(ヒロセ通商) 』のGMMAチャートと6分割チャートを使っています。

 

大陽線・大陰線形成中の通貨ペアはKu-Chart拡散中の組み合わせになる

大陽線形成中の通貨ペアが狙い目

昨日9月21日は日単位でみると主要通貨の中ではGBP/AUDが1番変動がありました、1番動いているトレンドが出ている組み合わせですね。大陽線もしくは大陰線を形成している取引通貨ペアはku-Chartが拡散している通貨の組み合わせを選ぶことと一緒(ヒゲなし通貨ペアはKu-Chratが拡散中)になるので相場の流れに順張りで張ることができます。

Ku-Chart拡散中

【出典】Currency Strength Chart(9月21日)

 

逆に握っていたUSD/CADのショートは大きな下ヒゲで勢いが収縮しています。

ヒゲ形成はKu-Chartが収縮中

ひげを形成しているということはすでに動きが無くなりKu-Chratが収縮している(旬が過ぎている)段階ですので、ポジションは一旦閉じるべきですね。どう思われますか?

変動率・騰落率だけでなく高値・安値を更新中(大陽線・大陰線形成)の通貨ペアを狙う方が良いのかと考え中です。高値・安値を取引していくのでリスクが高そうですが・・・。まだまだ試行錯誤が続きますが、ひげが全くない通貨ペアを狙うのが自然なトレンドフォローということになりそうなのでこの辺りを監視してみます。もう少し相場の張り方の研究が必要そうです。


 PR  為替取引にヒロセ通商のLIONFXを使っています。全50種の取引通貨ペア、世界の主要通貨を網羅しています。公式サイト口座開設ページはこちらから。
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

為替取引がメインのサラリーマン投資家。FXは2006年から。脱サラし1年間ほど専業(FXの収益のみで生活する)として活動するも実力がなく断念。歳を重ねるごとに自分の時間を大切にしたいという思いが強くなり、デイトレからスイングへ転身。1度きりの人生を楽しむことを第一にしつつ収入も増やすべく『できるだけ時間と労力を使わない資産形成』を理想としてFXスイング取引をメインにロボアドバイザーによる資産運用やサイト運営を行っています。50歳までに週3~4日ほど働くワークライフバランスのライフよりの気楽な生活ができるように資産を作るのが最終目的です。