税制改正へご協力をお願いします

株とFXの税制1本化へ。アンケートのご協力をお願い致します。

『 個人投資家向け税制に関するアンケート 』

同じ運用条件でのロボアドバイザーの実績比較【2か月目】

ロボアドバイザー比較
スポンサーリンク

 

ロボアドバイザーで有名なウェルスナビとテオでの運用を始めて丸2か月過ぎました。

 

 

ウェルスナビ(WealthNavi)とテオ(THEO)の運用状況

 

運用条件

実績を比較するためにウェルスナビ・テオともに同じ条件で運用しています。

  • 60万円スタート(2017年4月24日運用開始)
  • 毎月4万円ずつ積み立て(それぞれ自動積立機能を使用)

 

ロボアドバイザーの初期設定については『 ロボアドバイザーによる完全自動の資産運用を始めてみました 』の記事に記載しております。

ロボアドバイザーによる完全自動の資産運用を始めてみました

2017.05.09

 

公式サイトはコチラです。

 

運用状況:累計入金額64万円

ウェルスナビの運用実績2017年6月29日
ウェルスナビの評価額の推移
テオの運用実績2017年6月29日

テオの評価額の推移

 

株価がジリジリ上昇していますがいつか崩れるのではないかとハラハラしています。いまのところウェルスナビ(WealthNavi)の方が良いパフォーマンスを出しています。

スポンサーリンク

ETFについて調べ中

 

FXスイングトレードの方がダメダメなので、最近ロボアドバイザーを始めたのもありETFについて調べています。為替は市場自体が成長しない(ゼロサム・スプ入れるとマイナスサム)市場ですので長いスパンで取引を重ねていくと生き残るのは相当難しい気がしています。今更感がありますが株式など成長する市場で

『 パッシブ + ドル・コスト 』運用メインが王道かつ最強なのではと感じています。サブでFXやアクティブ運用を一部組み合わせるとか?

パッシブとドルコスト運用は万人ができる方法でもありますし・・・そのうえ1本でいろいろなアセットクラスに分散投資できるETFに魅力を感じています。ただETFの種類が多すぎてどれが良いのかサッパリです。組み合わせを考えるのが面白いですね。理想としてはスイングで得た利益の一部をETFにまわしたいのですが、そもそも下手過ぎるうえに最近の為替相場は強弱が続かずスイングがかなり難しいです。一昨日よりユーロ・ポンドが動き始めましたが・・・ホントFX無理っす・・・あなた様はとれていますでしょうか?発言ラッシュですね。ホントなんなんでしょ・・・

 

ETFを本格的に始めるにしても、まずはアセットアロケーションを考えないといけないのですが、はじめはGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)のポートフォリオを真似ようかと思ったのですが、資産が数千万・億単位でのモデルとしては良さそうですが、ややディフェンシブなような気がするのと配当利回りも狙いたいのでもう少し株式の比重を増やすか?コモディティ・不動産は組み込むか?など考えています。資産が乏しすぎるのでリスクを取って増やしたいな~とか考えたり・・・甘いですかね?こうやってETFの分配金の利回りをみるとロボアドバイザーの手数料は大きな負担になりますね。コストが大きいので裁量で取引しようか迷っています。

まずコア・サテライト戦略としてコアの部分は『 VT 』か『 VTI + VEU 』にしようかと思っているのですが・・・サテライトの部分も含め今後いろいろ考えていこうと思います。

 

ウェルスナビ(WealthNavi)の分配金が入りました

ウェルスナビの分配金

 

昨日6月28日にはじめてバンガードETFの分配金がつきました。運用額が60万程度なので数百円くらいかと思っていましたが予想より多かったです。VTI・VEA・VWOは四半期ごと年4回、AGGは毎月分配です。

いつかウェルスナビの分配金で気楽に生活したいです。

 

  • コンピューターに資産運用をすべてお任せ「まずは無料診断」

 


 PR  為替取引にヒロセ通商のLIONFXを使っています。全50種の取引通貨ペア、世界の主要通貨を網羅しています。公式サイト口座開設ページはこちらから。
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

為替取引がメインのサラリーマン投資家。FXは2006年から。脱サラし1年間ほど専業(FXの収益のみで生活する)として活動するも実力がなく断念。歳を重ねるごとに自分の時間を大切にしたいという思いが強くなり、デイトレからスイングへ転身。1度きりの人生を楽しむことを第一にしつつ収入も増やすべく『できるだけ時間と労力を使わない資産形成』を理想としてFXスイング取引をメインにロボアドバイザーによる資産運用やサイト運営を行っています。50歳までに週3~4日ほど働くワークライフバランスのライフよりの気楽な生活ができるように資産を作るのが最終目的です。