通貨強弱のマルチタイム分析による6月18日の注目通貨

【マルチタイム表による分析】月間・週間でUSDが強くなってきております。FOMC・ECBを消化し相場に動きがでてくるか注目しています。

2018 6/15営業日終了時点の主要通貨の各期間での対円騰落率
強弱【売買方針】 通貨名 年間変動率(1/2~)
【年間強弱】
通貨名 月間変動率(6/1~)
【月間強弱】
通貨名 週間変動率(6/11~)
【週間強弱】
非常に強い(買い) JPY 0.00% USD 1.65% USD 1.06%
強い USD -1.84% GBP 1.53% GBP 0.09%
やや強い GBP -3.47% EUR 0.93% JPY 0.00%
中立 NZD -3.83% NZD 0.84% CHF -0.12%
中立 CHF -4.08% CHF 0.53% NZD -0.20%
やや弱い EUR -5.03% JPY 0.00% EUR -0.28%
弱い AUD -6.35% AUD -0.01% CAD -0.88%
非常に弱い(売り) CAD -6.43% CAD -0.11% AUD -0.97%
- 最大 6.43% 最大 1.77% 最大 2.02%

スポンサーリンク

こちらの表を右側の『ライブ通貨クロスレートの変動率』と照らし合わせながらご覧ください。
『年間・月間・週間と今日(ライブ通貨クロスレート)の強弱関係が一致した時』(パーフェクトオーダー)を取引のチャンスとしています。表の考え方についてはこちらをご覧ください。

【免責事項】正確性は保証致しかねます。情報提供を目的としており特定の売買を推奨するものではありません。為替相場と通貨の強弱は刻々と変化します。経済指標やイベントの内容や結果、突発的な出来事などにより強弱が逆転する場合も多々あります。情報に基づく損失においては大小問わず一切責任を負いません。取引は自己の判断と責任においてお願い致します。

新着記事一覧

スポンサーリンク