税制改正へご協力をお願いします

株とFXの税制1本化へ。アンケートのご協力をお願い致します。

『 個人投資家向け税制に関するアンケート 』

FXランキングサイトや比較サイトにご注意を。業者選びは慎重に

デューカスコピー・ジャパンのセミナーの様子(2)
スポンサーリンク

 

国内FX業者はデューカスコピージャパンがとても魅力的です。

 

・これからFXを始めてみたい

・良いFX業者を探している

・なかなかメインの取引業者が決まらない

 

という方に少し前になりますが、いま愛用しているFX業者であるデューカスコピージャパンさんのセミナーがあり、行ってみたところとても誠実な業者でしたので一部ではありますが会場で頂いたレジュメを踏まえながらお伝えしたいと思います。(レジュメの使用許可をいただいております)

大雑把な性格なので、レジュメが見にくいですがご容赦ください。

 

 

 

取引コスト・流動性・取引の透明性 好条件な取引環境

デューカスコピージャパンのアプローチ
デューカスコピーのECN、SWFXについて

取引コスト・流動性・取引の透明性 総合しての取引コストと取引環境が優秀

デューカスコピー・ジャパンでは独自のECN( SWFX )を提供しており、ディーラーを持っておらずマークアップ( 取引レートの加工 )は一切行わずに外付け手数料という形をとることで、取引の透明性とコストの明確化を図っています。また他のECNとつながることで流動性の確保に努めているそうです。10万通貨以上のBID/OFFER注文を行うとDUKASCOPYを通じて自分のオーダーが板に反映されます。あと最大で2500万通貨も保有することが可能です。

デューカスコピージャパンのライブスプレッド


 

特に欧州からニューヨークタイムにかけて良いスプレッドを提示しています。スプレッドの上に表示されている数値は取引量です。

Mは100万通貨単位

取引画面で株式取引のような板情報をみることが可能(マーケットデプス)

取引画面でFX板情報が閲覧可能
スマホでFX板情報をみることができる

取引画面(左:PC ドル円  右:スマートフォン ユーロドル)板情報を見ることができます。このドル円の場合125万通貨まで115.100のレートで取引できることがわかります。原則0.3pips固定の業者の方が良さそうに見えるかもしれませんがオーダーの厚さを見ることができないため、取引量を増やす(オーダーの厚さを超える)と約定が遅れたり、弾かれたり、スリッページ(すべり)が発生します。デューカスコピージャパンがディーラーを介さないNDD(Non Dealing Desk)方式でありカバー取引先が運営するSWFXから供給される配信レートがダイレクトにJForexに反映されるようになっているため板情報を見ることが可能になっています。

デューカスコピージャパンのウェブサイトより

弊社はディーラーを一切介さないNDD(Non Dealing Desk)方式であるため、カバー取引先が運営するSWFXから供給される配信レートがダイレクトにJForexに反映されます。

この機能を通じて、お客様は現在のマーケットにおいてどのレベルのビッド価格が厚いのか、またどのオファー価格を突破した時にマーケットが急上昇する可能性があるのかなど、JForex上からスイスFXマーケットプレイスのリアルな流動性を体感することができます。

もちろん、お客様が発注した注文が約定されるまでの状況も、ご自身で確認することができます(ただしマーケットデプスに表示される注文はある一定の取引金額を超える必要があり、小さい取引金額の場合は表示されません)。

SWFXから供給される価格は、取引金額、取引頻度などに左右されず、すべてのお客様に同一の価格と同一の取引機会を提供し提示価格に対する透明性を高めております。

 【ECNによる高い流動性】

世界の主要銀行との協力関係により、Dukascopy Bankは大口注文を流動性プロバイダーのネットワーク内で瞬時にヘッジさせることにより、大口注文の約定を可能にしました。例えば、弊社において、お客様はワンクリックで最大で2億米ドルまでの取引が可能となっております。

国内のDDモデルの業者では顧客と業者は利益相反(客の利益が業者の損失になる)の部分があり、高速スキャルピングや過度な取引などで利益を上げすぎると突然取引口座を凍結させられたり約定遅延が発生するケースがあるようです。少し前に某FX業者で取引していた方が一方的に口座凍結されたという報告がTwitterで同時期に複数上がっておりました。

利益をあげていたら突然口座凍結・・・

このような取引業者によるリスクは避けたいところです。

デューカスコピージャパンでは外付け取引手数料で業者の取り分は明確にしています。長く安心して取引に専念できます。

 

トルコリラ円(TRY/JPY)南アフリカランド円(ZAR/JPY)のスプレッドが狭い

高金利通貨として人気のあるトルコリラ円(TRY/JPY)や南アフリカランド円(ZAR/JPY)を運用する場合においてスワップポイントは決して良い方ではないかもしれませんがデューカスコピージャパンは流動性が高いのでスプレッドが非常に優秀です。


 

他の業者に比べてスワップポイントでスプレッド分を回収する期間を短くすることができます。

スポンサーリンク

顧客とWin-Winの関係を持つことを目指している経営理念

デューカスコピージャパンの理念(2)
デューカスコピーは顧客とWINWINな関係を目指す

 

デューカスコピージャパンでは顧客とWIN-WINの関係を持つことを理念として掲げています。顧客との関係をとても大切にしていると話されておりました。『 国内で数少ないECN。デューカスコピージャパンのスプレッド 』 の記事でも書いておりますがサポートがとても丁寧という印象です。顧客の声を積極的に聞こうとされる姿勢に好感が持てます。デューカスコピー・ジャパンの取引プラットフォームであるJForexは自社開発なので顧客の声を反映することできるそうです。先日JForex3にバージョンアップされた際も頂いた意見を基に改善を加えたそうです。スタッフの方よりこちらのページをご覧いただけたらということでした。

( 参照ページ )DUKASCOPY【お客様の声を形にしました】

 

Java言語を使ってFXの自動売買が可能

JForexについての説明(1)
JForexについての説明(2)
JForexについての説明(3)
JForexAPIとFIXAPIの比較

JForexはJava言語を使用した自社開発の取引プラットフォーム

JForexは汎用性が高く人気のプログラミング言語であるJavaを使用して開発された取引プラットフォームでJForexの『 J 』という頭文字もJavaの頭文字『 J 』からきているそうです。デューカスコピー・ジャパンではJForexSDKを使いJava言語でプログラミングし、インジケーターやストテラジーの作成やテスト等のシステムトレードを行うことができます。

(参考)JForex API

FIX APIの提供の開始

また1月にはFIX APIの提供も開始しておりプログラミングの知識を持っている方にも大変魅力的になっています。

デューカスコピージャパンのウェブサイトより

弊社では、プログラミングについての専門知識や開発環境をお持ちのお客様を対象に、FIX APIを提供しております。弊社が提供するFIX APIは、FIXプロトコルのバージョン4.4に基づいています。FIX APIをご利用いただくことにより、お客様ご自身の取引環境にて、リアルタイムな価格フィードの取得、注文発注や変更、注文キャンセル、取引アクティビティの自動通知などを利用した取引が可能となります。

FIX APIで接続しながら、お客様はJForexプラットフォームの基本機能を利用することも可能です。なお、FIX API口座は、通常の取引口座と異なり、ネット/グローバル・ポジションモードが適用されます。保有ポジションと同一通貨ペアの新規注文が約定した場合、複数のポジションではなく、一つの統合されたポジションとして管理されます。そのため、同一通貨ペアの売りポジションと買いポジションを同時に保有する両建て取引や損切り・利食い注文はご利用いただけません。

(参考)FIX API

FXで自動売買(システムトレード)をされる方、もしくはしたい方にも良い環境があります。

無料のリモートサーバーを提供

システムトレードをされる方にリモートサーバーの提供をしています。(H27.7.4追記)

(参考)JForexリモートストテラジー

今後バイナリーオプションやCFDの取り扱いの可能性も

デューカスがBOとCFDを検討中

 

まだ確定しているわけではありませんが、デューカスコピージャパンは今後バイナリーオプションやCFDといったサービスの導入を考えておられるようです。最近ではNYダウであったり原油であったり為替に限らず、よく動く旬な銘柄がたくさんあったりしますので様々な金融商品を取引できることはとても魅力的ですのでサービスの導入を期待して待ちたいと思います。ラダーやワンタッチなど、どのようなバイナリーオプションを提供するのか?CFDに関してもFXの取引レートでは良い取引条件を提示されているのでとても期待が膨らみます。

デューカスコピージャパンでは今後FXに限らず、好条件で幅広い銘柄を取引できるようになる可能性あり

セミナーを受けての感想と今後のFX業者についての持論

 

セミナーを受けながら誠実で真面目な企業と感じました。過去に複数のFX業者を利用してきましたが、約定にタイムラグがあったり、相場のボラティリティが大きい時に指値が大きく乖離したりとなかなか満足できる取引環境がなく、なんとなく業者に搾取されている感じが拭えないことが多くありました。OTC業者などFX業界でよくある、キャッシュバックや色々なキャンペーンで一時的に顧客を集めたり、囲い込みを行っても長く続かず休眠口座を増やすだけなので、顧客により良い取引環境(流動性・透明性・システムの使いやすさなど)を提供して顧客に利益を出してもらい、そして長く取引してもらうことでブローカーさんとしても継続して手数料による利益を出せるようなビジネスモデル、我々トレーダーとブローカーさんもWin-Winの関係を築けるようなブローカーさんが今後FX業者として成長していくのではないかと1トレーダーとして思っております。顧客とWin-Winの関係を持つことを目指しておられるデューカスコピー・ジャパンさんの姿勢に改めて今後も期待、応援したいなと思いました。

要望としては過度なキャッシュバックやキャンペーンとかではなく、そういう費用でサーバーの増強であったり、取引システムの改善を繰り返して頂き、我々トレーダー(投資家)により良い取引環境や取引条件を提供することをとことん追求してほしいです。Win-Winの関係をサイクル化してトレーダーと共に成長していくブローカーさんであってほしいです。デューカスコピー・ジャパンさんの理念は今後もずっと変わらないでいただきたいなと思います。

会場にて少しだけCEOの方とお話しさせていただきましたが、多くの日本の投資家の皆様に弊社のサービスを知っていただいて資産形成にお役に立てればということをおっしゃっていました。

 

デューカスコピージャパンはオールマイティなFX業者

 

デューカスコピージャパンは外資系の為ちょっととっつきにくい名前ですが、流動性と透明性が高くスキャルピング等のデイトレから、スワップ運用、システムトレードと万能な業者なので本格的にFXをされるのであれば口座を持っておくと便利です。経営理念として顧客を搾取するのでなく顧客を生かしWinWinの関係を目指していて誠実が感じられるので長く付き合っていきたいと思えるFX業者です。

FX業者は為替取引をするうえで土台となり、相場と戦っていくうえでも武器となる部分になりますので、まだメインの取引業者が決まっていないという方はこちらから口座開設しデューカスコピー・ジャパンでの取引をお試しください。

 公式サイト  デューカスコピー・ジャパン


 PR  為替取引にヒロセ通商のLIONFXを使っています。全50種の取引通貨ペア、世界の主要通貨を網羅しています。公式サイト口座開設ページはこちらから。
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

為替取引がメインのサラリーマン投資家。FXは2006年から。脱サラし1年間ほど専業(FXの収益のみで生活する)として活動するも実力がなく断念。歳を重ねるごとに自分の時間を大切にしたいという思いが強くなり、デイトレからスイングへ転身。1度きりの人生を楽しむことを第一にしつつ収入も増やすべく『できるだけ時間と労力を使わない資産形成』を理想としてFXスイング取引をメインにロボアドバイザーによる資産運用やサイト運営を行っています。50歳までに週3~4日ほど働くワークライフバランスのライフよりの気楽な生活ができるように資産を作るのが最終目的です。