住信SBIネット銀行の外貨預金セールを使いETFを買っています

住信SBIネット銀行の外貨預金セール
スポンサーリンク

 

8月に開設が完了したNISA口座の120万円の枠をなんとか使い切りました。

2017年のNISA枠をなんとか使い切りました

 

NISA枠を使い切る

為替レートの変動で投資可能枠に若干変動があるのか、ETF買い付けして数日後NISAの余力を確認すると増えたりしていることもありますね。米国ETFは1口3,000~5,000円で買い付けできる銘柄もあるので安い銘柄で余力の調整をしています。8月にNISA口座を開設してから12月までの5か月で均等に月々24万円相当ずつ買い付けしましたが24万円の買い付けは金額的に厳しく貯金を切り崩しました。

2018年は

月々10万円 × 12か月  計120万

買い付けしていく予定です。

 

住信SBIネット銀行の外貨預金セールを利用

住信SBIネット銀行外貨預金セール

(出典)住信SBIネット銀行公式サイトより【2017年12月8日】

住信SBIネット銀行では2018年3月16日17時までの期間限定で外貨預金セールを実施しているようでこれを利用しています。米国ETFの買い付けに必要なドル転コスト(片道)スプレッド0ですみます。

恐らく現時点で米国ETFを買い付けるための為替コストが1番安いのではないかと思います。

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行の外貨積立

 

ETFに買い付けに必要なドル資金ですが、日本円からドル転のタイミングが分からないので住信SBIネット銀行の外貨積み立てを利用し毎営業日ごとに均等に自動でドル転しています。ETFの買い付けと同様に買付資金である米ドルもドルコスト平均を図っています。

手順1

 

ここからは住信SBIネット銀行の外貨積立の手順です。手順は2017年12月11日時点のものです。

 

住信SBIネット銀行の外貨積立の手順1
住信SBIネット銀行口座トップ画面の上部の『 外貨・FX・純金積立 』をクリックします

手順2

住信SBIネット銀行の外貨積立の手順2
画面の中段の『 外貨積立 』をクリックします

手順3

住信SBIネット銀行の外貨積立の手順3
画面の中段の『 外貨積立申込 』をクリックします

手順4

住信SBIネット銀行の外貨積立の手順4
『 買付通貨・1回あたりの買付金額・買付頻度 』をそれぞれ設定します
自分は毎月10万円ずつ米国ETFを買い付けしますので、10万円を月平均20営業日で割り1日あたり5,000円ずつ日本円から米ドルへ両替しています。買付したい金額を20で割ればよいのではないかと思います。ただ月によっては21・22営業日ありますので注意が必要です。

手順5

住信SBIネット銀行の外貨積立の手順5
間違いがないか確認しパスワードを入力して1番下の『 確定 』をクリックします 

手順6

住信SBIネット銀行の外貨積立の手順6
これで外貨積立の手続きは完了です。念のために積立内容を確認しておきます

手順7

住信SBIネット銀行の外貨積立の手順7
手続き内容の変更や停止・再開・解約をしたい場合は画面枠内をクリックして手続きをします

これで住信SBIネット銀行側の設定は完了です。

 

住信SBIネット銀行からSBI証券への外貨入金

 

住信SBIネット銀行で日本円から米ドルへの両替をしましたので次に住信SBIネット銀行の米ドルをSBI証券取引口座へ移します。

手順1

住信SBIネット銀行からSBI証券への外貨入金の手順1
今度はSBI証券のトップ画面上部の入出金・振替のプルダウンから『 外貨入出金 』をクリックします

手順2

住信SBIネット銀行からSBI証券への外貨入金の手順2
住信SBIネット銀行の米ドル口座の残高を確認して振込金額とパスワードを入力し『 振込指示確認 』をクリックします

手順3

住信SBIネット銀行からSBI証券への外貨入金の手順3
振込金額を確認し『 振込指示 』をクリックします

手順4

住信SBIネット銀行からSBI証券への外貨入金の手順4
住信SBIネット銀行の画面に飛びますので振込手続きを完了するとこちらの画面が表示されます

手順5

住信SBIネット銀行からSBI証券への外貨入金の手順5
振込が完了しましたので、『 照会 』をクリックし最終確認をします

 手順6

住信SBIネット銀行からSBI証券への外貨入金の手順6
完了していればO.Kです

 

以上、米国ETFを買うための日本円から米ドルへの両替と証券口座への資金移動の説明でした。これがベストの方法なのかはわかりませんが、自分にとっては1番ストレスのない方法です。参考になれば幸いです。

米国ETFの買付については『 SBI証券のNISA口座での米国(海外)ETFの買い方 』という記事に書いています。

SBI証券のNISA口座での米国(海外)ETFの買い方

2017.08.08
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「通貨の強弱分析によるFX取引」と「米国ETFによるグローバルインデックス投資」という2つのアセットクラスを適宜リバランスすることで、「通貨価値の変動(インフレヘッジ)に対応した世界分散投資ができる最強のポートフォリオ」を構築するべく日々運用と検証に取り組んでいます。通貨強弱によるFX取引をなかなか身につけることができず苦戦中です。FX専業経験1年あり。