目標を達成するために目標を紙に書きだそう

目標設定 このブログについて

 

お久しぶりです。「平凡サラリーマン」です。

今回は目標を達成するための意識づくりのお話です。

成功者は目標を紙に書きだしている

目標

 

カラーバス効果という心理現象があります。

自分が意識していることに関する情報の感度が高くなり、自然と情報が集まってきたり飛び込んできたりしやすくなります。

すると目標達成の成功率が高くなります。

目標を書いた紙が目に入るたびに目標に意識が集中するので、目標に向かってどうするべきか自然と考えるようになります。

目標設定の仕方

 

簡単すぎず、難しすぎず、しかし重要なことを目標にするのがポイント

再現が不可能なこと、漠然(曖昧)としたこと、遠すぎる未来の目標などは目標設定としては不適切です。

その目標を達成したらどうなるのか具体的なイメージの部分まで目標にすると効果的です。

 

胡散臭い感じもありますが、目標を紙に書いてはるだけですので、実践しても損はないのでとりあえず実行してみてください。

 

自身の目標に向けて

目標設定

 

私の場合はありきたりですが。貯金を目標にしています。

すると自然にお金について考えるようになり、節約や資産運用について勉強するようになりまして、目標はまだ達成できておりませんが目標に向かって着実にすすんでおります。

 

 

あなた様も早速、夢や目標の実現に向けて紙に書いてみてくださいね。

ちなみに目標を紙に書いてトイレの内ドアに張り付けるのがおすすめです。必ず目に入ります。

 

このブログについて
この記事を書いた人
クロロ

FXの元専業トレーダーです。今は引退して米国ETFの長期運用にシフトしています。配当(分配金)で50歳までにサイドFIREが目標。
新NISAがはじまり2024年の成長投資枠はすべてVIGにぶっこみます。
Den(伝)と2人でサイトを運営しています。

クロロをフォローする
シェアする
クロロをフォローする
スポンサーリンク
仕事減らしたい