不要になったテレホンカードを処分する

テレホンカード(テレフォンカード)の処分・換金方法節約

 

今回はテレホンカード(テレフォンカード)の処分について書きたいと思います。

携帯電話の普及であまり使いどころのない、未使用のテレホンカードの処分をしたい方も多いと思いますので一連の流れをメモしておきます。

 

不要になった未使用のテレホンカードを処分する

テレホンカードの買取

年末になり大掃除をかね断捨離中です。片付け中にテレホンカード(未使用:50度3枚)を見つけ、捨てるのはもったいないので良い処分(換金)方法がないか困っておりました。金券ショップで換金すればよいのですが、金券ショップに行くのが手間なのに加えて自分が持っているテレホンカードは学生時代の卒業記念品のテレホンカードでカードの表紙に卒業校や自分自身がモデルとして写っている(個人情報が入っている)ので金券ショップで換金するのはなんとなく嫌でした。そこで何か良い方法がないか調べてみたところ、未使用のテレホンカードは自宅の固定電話(NTT電話)の※ダイヤル通話料金の支払いにあてることができるようなので今回手続きをしてみました。

※回線使用料<基本料>の支払いに充てることはできません。通話料のほうです。

テレホンカードを自宅の固定電話の支払いに充てる

 

まずはNTTにテレホンカードを利用料金に充てることができるか確認しました。

電話でのやり取りは好きではないのでウェブからの問い合わせです。

自分の場合はNTT西日本なのでこちらに問い合わせしました。

 参考  NTT西日本:お問い合わせ

 

NTT東日本をご利用の方はこちらに記載されております。

 参考  NTT東日本公式ホームページ:Qテレホンカードを利用して電話の利用料金を支払うことは可能ですか?

 

ダイヤル通話料支払充当申込書と返信用封筒が届く

ダイヤル通話料支払充当申込書

後日、料金問い合わせセンターの担当者から「ダイヤル通話料支払充当申込書及び返信用封筒」を郵送しますとの返答があり申込書が届きました。

申込書を記入して未使用のテレホンカードを返信用の封筒に一緒に入れて近所の郵便局窓口から特定記録で返送しました。特定記録の返送に料金はかかりません。受領証を渡されます。

書留・特定記録郵便物等受領証

 

返送後、数日して再度料金センターより案内が届きました。

ダイヤル通話料預かり証(1)

カード1枚あたり55円の充当手数料が必要のようです。

50度のテレホンカード(500円相当)が約450円の価値になりますが金券ショップの換金率よりよさそうです。

一般のテレホンカードであれば固定電話の支払いに充てるのは良い使い道になるのではないでしょうか。

なおプレミアがついているテレホンカードは専門のショップで買取してもらうほうがお得な場合もありますので注意してください。くれぐれもテレホンカードの処分は自己の判断と責任でお願いします。

上画像の赤枠の通り、テレホンカードをきちんと処分してくれるようなので安心です。

料金の請求書

テレホンカードを固定電話の支払いに充てるテレホンカードを

後日届きました、電話料金の明細書です。上の写真のオレンジ枠・線のとおりです。

テレホンカード1枚あたり50円(計150円)の手数料がとられます。※黒枠で塗りつぶしてしまいましたが消費税15円も別途かかり、計165円のテレホンカード取扱手数料

そしてその下の項目でテレホンカード代がダイヤル通話料に充てられているのがわかります。そして1番下にテレホンカード分の残金が表示されています。

テレホンカードの買取

 

テレホンカードの処分が面倒であれば自宅まで集荷しに来てくれるネット専門店を利用するのも1つの方法です。こちらもなかなかの換金率です。

 参考  ネット宅配買取サービス「買取王子」

 

以上、不要になったテレホンカードの処分についてでした。

節約
この記事を書いた人
平凡サラリーマン

50歳までに配当金(分配金)でゆとりある生活を作るべく下の「お金は寝かせて増やしなさい」という本を参考に米国ETFによる全世界分散投資でじっくりとお金を増やし中。2020年2月現在、月平均で約14,000円の分配金収入を得ています。
このブログではマネーに関することをメインに自身の資産運用の記録や日々の経験、気になったことを調べてメモ代わりにブログにいろいろと書き綴っています。

平凡サラリーマンをフォローする
★★ 配当金(分配金)生活を目指すべく、こちらの本を参考に資産運用を実践中です。★★
とても読みやすく入門書として最適です。
 お得  アマゾンで買い物をする場合は、amazonチャージを利用すると最大2.5%のポイントが貯まります。この機会にどうぞ。
平凡サラリーマンをフォローする
スポンサーリンク
仕事減らしたい