米国ETFの外国税額控除の確定申告の方法がわからない

スポンサーリンク

 

2018年分の確定申告ではじめて米国ETFの外国税額控除の申告をするのですが、いまいちやり方がわかりません。

 

 

米国ETFの確定申告について

 

米国ETFですがウェルスナビやテオなどのロボアドバイザーをきっかけに保有もしくは取引をはじめた方も多いと思います。

私もその一人なのですが、米国ETFの確定申告についてはよくわからないという方も多いのではないでしょうか?

米国ETFの外国税額控除とは

 

米国ETFの分配金は米国で10%課税され、さらに日本で20.315%の課税が発生します。

米国で課税された10%(上限として)の課税分を外国税額控除として申告できるようです。

ただし所得がないと控除自体が受けられないため申告できないようです。

 

米国ETFの二重課税の確定申告

 

NISA口座分の米国ETFの二重課税については、そもそもNISA口座が非課税口座なので外国税額控除は申告できないようです。

特定口座で買付した米国ETF分の外国税額控除を行おうと思うのですが、どうすればよいのでしょうか?

米国ETFの外国税額控除

昨年同様e-Taxで確定申告を行ったのですが、FXの年間損益報告書の税務署への提出に関してはe-Taxで確定申告を行うと省略できるのですが、どうやら外国税額控除の税額証明に関する書類の提出はe-Taxでも省略できないようです。

これでは結局、税務署に郵送もしくは提出しに行かなければならないのでe-Taxのメリットが半減してしまいますね。

要望です。外国税額控除の証明もe-Taxで省略できるようにしてください。ぜひお願いします。

 

調べてみるとすべてのETFの分配金が付与された時の外国税額の詳細(毎月・四半期ごと)をすべて1項目ずつ記載しなければならないのでExcelでデータを管理しておくと便利とか・・・

米国ETF,外国税額控除の入力
マジですか・・・超めんどくさい・・・

面倒なので、そもそもSBI証券から電子交付しましたというメールはよく来ますが開封すらしていない・・・ 苦笑

 

 

よくよく調べてみても、見るサイトによって申告方法について書いていることが違っていたり正しい申告はどれなのか。

 

ということでダメ元でSBI証券の特定口座年間取引報告書を管轄の税務署に提出しました。

 

これです。

SBI証券の特定口座年間取引報告書

 

外国所得税の年間額、ここに書いてあるのでいいじゃん!と勝手に開き直りました。

提出の際に窓口で聞いてみたのですが、今は受理だけでここではチェックは行わないとのことです。

 

 

外国所得税が1,000円と少しなので別に申告しなくてもよかったのですが、寄付控除(ふるさと納税)やFX年間マイナスの損失繰越の申告もあったので合わせて行いました。

もし駄目で1項目ずつ1回ごとの分配金付与ごとに詳細を記入してくださいとなれば、もう面倒くさいので投信のほうが良いわってなりますね。汗

 

無事還付されるか、また経過を追記したいと思います。

 

【3月9日追記】

外国税額控除の還付金の振り込み

さすが還付処理の早いe-Taxというところで、1週間程度で昨日8日に還付金が振り込まれていました。これが正しい外国税額控除のやり方かはわかりませんが、とくに税務署からツッコミを受けることなく済みました。

e-Taxで外国所得税の合算を入力して、各証券会社の特定口座年間取引報告書とテオなどのロボアドバイザーから送付されてきた取引明細を合わせて提出すればとりあえずいけました。

 

 

関連記事です。FXのe-Taxでの確定申告についてです。

マイナンバーとe-Taxを使って自宅で簡単に確定申告

マイナンバーとe-Taxを使い、自宅で簡単にFXの確定申告

2017年2月15日
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「通貨の強弱分析によるFX取引」と「米国ETFによるグローバルインデックス投資」という2つのアセットクラスを適宜リバランスすることで、「通貨価値の変動(インフレヘッジ)に対応した世界分散投資ができる最強のポートフォリオ」を構築するべく日々運用と検証に取り組んでいます。FX専業経験1年あり。趣味でデイトレ/PC作業用の自然音のBGMをYouTubeで制作しています。