トライオートETFの取り扱い銘柄とスプレッド

ロボアドバイザーとトライオートETFの比較
スポンサーリンク

 

トライオートETFを利用し始めて約2週間が過ぎました。感じたことを率直に書きます。

 

 

現在の運用実績(30万スタート)

トライオートETFの実績
レバレッジを下げすぎた(多分レバ1倍くらい)のと設定が下手過ぎるのもあり、利益がかなり少ないです。

 

自動売買の設定については『 トライオートETFの検証と実績 』という記事に書いています。

トライオートETFの検証と実績

2017.08.31

スポンサーリンク

トライオートETFの各銘柄のスプレッド

トライオートETFのスプレッドと銘柄一覧

 

スマホアプリにはスプレッドが表示されています。スプレッドは多少の変動があります。

 

トライオートETFのスプレッド(1)
トライオートETFのスプレッド(2)
トライオートETFのスプレッド(3)
トライオートETFのスプレッド(4)

※上画像は2017年9月16日0時頃のものです。

スプレッドが広めであまり約定しない

 

ここまで2週間運用しての1番の感想は運用する銘柄と設定にもよると思いますが、『 あまり取引をしない 』というのが感想です。8月30日から運用をはじめて現在まで決済が10回です。上の画像のとおりスプレッドが広い印象ですね。1日の値幅以上にスプレッドがあったりします。FXのリピート系もそうですがスプレッドが通常の取引に比べると広めだと思います。証券会社のETFのスプレッドより広いです。

ETFの自動売買(回転売買)は恐らくインヴァスト証券だけですのでこれがスプレッドが半分以下になれば魅力的な気がします。金利コストよりスプレッドが広い方が気になります。約定しないとその間の金利コストもかかります。指値に刺さらないと保有ポジションも多くなりますので急落すると含み損が大きく増え長期保有コースになりそうです。ACWIとかSPYなどの成長性のありそうな株式銘柄は下落しても戻ってきそうなので長期保有しても良さそうですが・・・

トライオートETFの金利コスト

個人的には回転売買できないとメリットを感じないので、普通にバイ・アンド・ホールドの方が良いかもしれません。相場が動けばまた違うのかもしれませんので、今年いっぱい試験運用し経過を見ていきたいと思います。設定は少し変更します。面倒なのでスプレッド条件が1番よさそうなSPYを『 自動売買セレクト 』で運用するのが良いのかなぁと感じています。スリーカードより追尾の方が好みです。

リターンは低くなりますが資金が豊富にある方はレバレッジを大きく下げてACWIやSPYで回転売買の設定をするのはアリなような気がします。現在『 リアルトレード頂上決戦グランプリ 』を開催していますが上位の方はかなりのパフォーマンスを上げていますので良い設定があるのかもしれません。

 参考  リアルトレード頂上決戦グランプリ

ちなみに私もS2クラスの250位あたりにいます。参加者の『 トライオートETF 』と『 トライオートFX 』の平均パフォーマンスを比較するとETFの回転売買はFXより優位性が明らかに高そうです。それにしてもランキングをみると凄い金額で運用されている方もいらっしゃいますね・・・

個人としてはスプレッドの改善に期待したいです。スプレッドが狭ければメインのひとつとして利用したいです。クレジットカードのポイントで資産運用できる『 マネーハッチ 』も申請中なので運用を開始したら感想を書きます。

あくまで一個人の感想で売買を推奨するものではありません。取引は自己の判断と責任においてお願い致します。いろいろな方の口コミなどみてくださいね。

 

関連記事です。ロボアドバイザーでの自動運用もなかなかいい感じです。

ロボアドバイザーによる完全自動の資産運用を始めてみました

2017.05.09

 PR  為替取引にヒロセ通商のLIONFXを使っています。全50種の取引通貨ペア、世界の主要通貨を網羅しています。公式サイト口座開設ページはこちらから。
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

為替取引がメインのサラリーマン投資家。FXは2006年から。脱サラし1年間ほど専業(FXの収益のみで生活する)として活動するも実力がなく断念。歳を重ねるごとに自分の時間を大切にしたいという思いが強くなり、デイトレからスイングへ転身。1度きりの人生を楽しむことを第一にしつつ収入も増やすべく『できるだけ時間と労力を使わない資産形成』を理想としてFXスイング取引をメインにロボアドバイザーによる資産運用やサイト運営を行っています。50歳までに週3~4日ほど働くワークライフバランスのライフよりの気楽な生活ができるように資産を作るのが最終目的です。