FXの取引方針はぶらさないほうが良いという話【実体験】

FXの取引方針はぶらさないほうが良いという話【実体験】
スポンサーリンク

 

トレードの調子はいかがでしょうか?クロロです。

2018年12月のFXスイングトレードの月間収支です。  

 

2018年12月1か月間のFX収支

 

使用中の口座:OANDA Japan

2018年12月のFX
12月1日の口座残高
2018年12月のFX月間収支
12月30日の口座残高

12月1日 485,146 → 12月30日 351,354(保有中のポジション評価額は含まず)

11月のFXトレード収支は-133,792円でした。月初比-27.58%となりました。

12月の取引の感想

 

  過去の月間収支や取引データは『 FXで勝つために。FX収支・成績表とエクセルでのトレード分析 』 に記録しております。

FX収支とエクセル成績表

FXで勝つために。FX収支・成績表とエクセルでのトレード分析

2016年12月30日

スポンサーリンク

12月はやらかしてしまいました。それについては後ほど

動かないかと思っておりましたが月後半からダウの下落に伴いリスクオフの様相でしたね。

12月1か月間の最強・最弱通貨

通貨名 月間変動率(12/3~) 【月間強弱】
JPY 0.00%
CHF -1.37%
EUR -1.83%
USD -2.90%
GBP -3.20%
NZD -5.28%
CAD -5.53%
AUD -6.48%
最大 6.48%

※12月30日時点

12月1か月では主要通貨ではJPYが強く、AUDが弱い1か月となりました。

うまく取引できましたでしょうか?

FX初心者の内は取引方針はぶらさないほうが良い

 

久しぶりの更新となります。何とか年を越す前に2018年の感想を書いておこうと思います。

12月の収支は大幅なマイナス率となりました。キチンと強弱トレードをしていたら、ここまでのマイナス幅にはなりにくいのですが、なぜかというと

逆張りをしていました。

11月までの収益がなかなか伸びないので、今やっていることと真逆をしてみたらどうなるかという欲求がでてきまして12月第2週くらいから、逆張りをしていました。

そうしたら、ダウ急落にはじまったリスクオフ(円買い)です。

AUD/JPYの買いがメインであったので喰らいました。

あわててクリスマス前にショートしなおしたら26日のリバウンド(ショートカバー)ですよ。

何やってんだよ。自問自答でした。(初心者にある典型的な往復ビンタ)

FX何年やってんだよ。。。と自問自答でした。

 

すべて投げました。

 

なぜいつも通りやらなったのかという後悔半分と改めて強弱の逆張りは絶対やってはいけないという確信が得られたことの半々で複雑な気持ちです。

 

以前であればこれだけ株価が下落した場合、ドル円とか1日で2~3円くらい動いてもおかしくないのに思ったより動きませんね。

「今年は全然動かなかったくせに、この時期かよ」

と心の中でブーブー言っておりました。

 

どちらかに絞ったほうが良い

このような感じで普段行っているトレードスタイルから浮気をして損を喰らうとかなり後悔しますので、初心者の内は

順張り・逆張り(買い専門、もしくは売り専門)

どちらかに絞った方が良いかと思います。

両方向を器用に取引するのは天才でないと難しそうです。

 

FXはほぼ無理ゲーな気がします

 

  • FXはスプレッドがあるため、長い目で見る(取引の回数をこなす)としだいにマイナスに収束していく(大数の法則)
  • FXはインカムが発生しない(スワップポイントは金利差調整分)
  • レンジとトレンドという相反する性質の両方に対応するトレード法は作るのはかなり困難
  • そのレンジとトレンドはいつ発生し、またその期間も予測不能

 

講釈にはなってしまいますが、自分の中でのとりあえずのFXの結論です。

自分の頭では勝機を見いだせません。

良い案が浮かぶまで少しFXはお休みしようかと思っています。

年間損益はまた来年にまとめようと思います。マイナス30万弱くらいかと思います。

各時間軸の強弱が一致した時(強弱のマルチタイム)のみ取引を絞るしかなさそうな気がしていますがこれもどうかというところです。

レンジとトレンドを判断するなにかボラティリティを判断するフィルターがあれば別ですがね。

変動幅のトータルとかVIXから判断するとか・・・・なんかないですかね?

 

繰り返しになりますが、

 

強弱の逆張りは厳禁です【実体験】

※極短期のスキャルピングは除く

コツコツ取れても、いつか大相場が来て退場になります。

ただ順張りでトレンドフォローしてもトレンドがでないとジリ貧になりますしね、困ったものです。

今回の自分の実体験を読者の方にシェアできれば幸いです。

 

FXは難しいですが、ともに1歩ずつ階段を上がっていきましょう!

2018年も1年間ありがとうございました。それでは良いお年をお迎えください。

そのまま強弱の逆張りをしていたら即死でした

2019年1月3日ドル円の急落

※2019年1月3日追記

年明け早々、薄商いの中でドル円が急落しました。フラッシュ・クラッシュと言うそうです。

  • 強弱に沿ってきちんとトレードしていれば爆益に
  • 逆張りをしてしまっていたら即死(強制ロスカット)

になっていたかと思います。

 

ポジションを閉じていてよかったです。

  • コツコツ勝ってドカンと負けるのではなく
  • コツコツ負けてドカンと最後に勝てるように

 

2018年のような低ボラでも、レンジでなかなか大きなトレンドが発生しなくても

忍耐強くキチンと強弱に沿ってトレードしたいものですね。

中長期の逆張りは2度としません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「通貨の強弱分析によるFX取引」と「米国ETFによるグローバルインデックス投資」という2つのアセットクラスを適宜リバランスすることで、「通貨価値の変動(インフレヘッジ)に対応した世界分散投資ができる最強のポートフォリオ」を構築するべく日々運用と検証に取り組んでいます。通貨強弱によるFX取引をなかなか身につけることができず苦戦中です。FX専業経験1年あり。FXを1から勉強しなおしています。勝算を見いだせずFXは一時休止中です。最近は動画編集に興味を持っています。