2017年1年間の通貨の変動率・騰落率。最強最弱通貨は?

スポンサーリンク

 

2017年1年間での対円での通貨の変動率・騰落率です。

2017年主要通貨の対円での通貨の変動率・騰落率

強弱【売買方針】 通貨名 年間変動率
非常に強い(買い) EUR 9.90%
強い GBP 5.61%
やや強い AUD 4.25%
中立 CAD 2.98%
中立 CHF 0.76%
やや弱い JPY 0.00%
弱い NZD -1.66%
非常に弱い(売り) USD -3.60%
最大 13.49%

※管理人調べ 正確性は保証致しかねます

 

2017年の主要通貨での最強通貨はユーロ(EUR)・最弱通貨は米ドル(USD)でした。年初からの最大変動率はユーロドルのロングで約13.5%でした。

 

2017年は低ボラティリティな1年

2017年は歴史的に動きがない低ボラな1年だったようです。(プラザ合意1985年以降史上3番目に変動率が小さい)

私的には試行錯誤しながらスイングトレードを行っていましたが夏のユーロの上昇以外、記憶に残った大きなトレンドがありませんでした。あとポンド円が150以上まで伸びポンドが一時強かったな~という印象でした。

結果論としては大相場が少なく、なかなか発生しないトレンドに乗ろうと必死にスイングしておりましたが結局反転レンジでボコボコにされた1年だったように思います。良い風に言えばこういう相場を経験できたのも良かったのかもしれません。

 

1月9日現在の保有ポジション

 

さて2018年の為替相場がはじまりましたが、いまは様子を見ながらポジションを建てております。少額での練習トレードです。

ややカナダドルが強いかなという感じで見ておりますがあなた様はいかがでしょうか?

2018年1月9日の保有ポジション

 

2018年はどのような相場展開になってくるでしょうか、2017年最強最弱であるユーロと米ドルはどうなるか、まずは年初である1月の為替相場の動向に注目したいと思います。

関連記事です。1年前の今頃はビットコイン13万くらいだったんですね。1年経つのが早いですね。

2016年1年間の通貨の変動率・騰落率。最強最弱通貨は?

2017.01.04
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

為替取引がメインのサラリーマン投資家。FXは2006年から。脱サラし1年間ほど専業(FXの収益のみで生活する)として活動するも実力がなく断念。歳を重ねるごとに自分の時間を大切にしたいという思いが強くなり、デイトレからスイングへ転身。1度きりの人生を楽しむことを第一にしつつ収入も増やすべく『できるだけ時間と労力を使わない資産形成』を理想としてFXスイング取引をメインにロボアドバイザーによる資産運用やサイト運営を行っています。50歳までに週3~4日ほど働くワークライフバランスのライフよりの気楽な生活ができるように資産を作るのが最終目的です。